大須賀式 坐骨神経痛改善法 効果あり? レビュー(実践記)

Pocket

大須賀式 坐骨神経痛改善法 効果あり? レビュー(実践記)

→詳細はこちら

大須賀昭さんが書いた「大須賀式 坐骨神経痛改善法」は

1週間ほどで今までに出来なかった立ち上がりができ、歩行も楽にできるようになりました。
お陰様で日常の歩行には支障がなく、大変よかったと思っています。
整形外科でMRIなど検査しましたが異常なし。
風呂上がりに短時間で実践しました。
腰が痛くて立ち上がることが出来ない状況。
専門の鍼灸院へ行くも効果なし。
痛み止めと貼り薬だけで終わりでした。
継続していけば普通に治ると信じています。
寝起きも支障なくでき、咳をしても痛みがありません。
体操は、今では日々欠かすことのできない日課となりました。
1ケ月間、整体で治療しましたが座骨が斜めになっていると診断されて、矯正するも効果なし。
時間も要することなくできること。
この2点が購入の決め手になりました。
今では整形.鍼.整体には行っていません。
いつでも簡単に家庭で治療できること。
インターネットで検索した結果、貴医院を知ることができて、家庭で簡単に治療できるか試すことにしました。
周りでは腰痛や坐骨神経痛で困っている人はいませんが、聞き及んだ人には紹介したいと思います。

って話題になってるんだけど・・・。

再現性があるのか、内容が気になるね。

本当に効果があるのかなぁ?

まだ、朝、こたつのテーブルにすんなり座れるまでには至っておりませんが
寒くなる冬までには座れるようになるのではと思っています。
お陰様で重度の坐骨神経痛に悩まされていた身体が劇的な回復を実感できました。
驚くと同時に、大袈裟かもしれませんが涙が出るくらい感激し心の中で“ヤッター”と思いました。
現在、トレーニングを開始して40日ほど経過したところです。
以前にも時々そのような痛みが生じて、数日で回復していたこともあり、
今回もしばらく我慢すれば治るだろうと思って病院にも行かず放って置きましたが、
一ヶ月以上経っても良くなるどころか朝起きて立ち上がると腰から足へかけてしびれを伴う激痛を感じ、
またコタツに座ることもまったく出来ず、
イスに座っても足がじんじんと痛むようになり、
これはただ事ではないと思い病院に駆け込みました。
MRI検査等の結果、腰椎の二箇所で骨の変形により神経が押しつぶされていることが確認され、
脊柱管狭窄症と診断されました。
驚くべきことに、たった一晩、一回、
指示された運動をしただけで翌日会社でデスクのイスに座った時に脚に来るじんじんする痛みと
しびれ感がかなり軽減されていました。
リハビリ治療を勧められたので週2回のペースでしか通院できませんでしたが、
二ヵ月半ほど通いましたが一向に改善の兆しが見えませんでした。
病院からは病名が脊柱管狭窄症とは聞きましたが、
この痛みの症状がちまたで良く聞く“坐骨神経痛”であることを私自身知らなかったのですが、
ある雑誌でその事を知り早速パソコンで検索し“大須賀式 坐骨神経痛改善法”に出会うことが出来ました。
藁をもすがる状況だったので即ダウンロード購入し
大須賀式 坐骨神経痛改善法の指導に従いストレッチを開始しました。
痛みの為、まともな日常生活が送れないのも大変な事ですが、
イスにさえ20分も座れないので会社で仕事にまったく集中出来ないのがなにより大問題だったので、
本当にその時の感激はひとしおでした。
まだ50代前半の歳で、この先この身体の状態が一生続くと思うとかなりの絶望感を感じてしまっておりました。
坐骨神経痛の発症は本年1月後半頃、
急に座った状態から立ち上がろうとした時に腰がまっすぐに伸びずに、強い痛みが生じました。
でも一ヵ月半前から思えば、希望に満ち溢れております。
イスに座っての仕事は完全にとはいきませんが、ほぼ痛みを気にすることは無い状態になっています。
本当に“大須賀式 坐骨神経痛改善法”に出会えて良かったと、心から感謝いたします。
でも頭の中では、以前は数日で回復していたので、
今回はスイッチが入ってしまった状態が離れずにいるんだと思い、
これを離す治療さえ行なえれば治るかもしれないとも感じていました。

興味あるね。試してみようかな。

→詳細はこちら