荒木式 がん対策プログラム 効果あり? 怪しいかも?検証結果

Pocket

荒木式 がん対策プログラム 効果あり? 怪しいかも?検証結果

→詳細はこちら

荒木式 がん対策プログラムって、荒木裕 崇高クリニックさんが作ったマニュアルだけど、
かなり売れているみたいだね。

50代の女性でもともと乳がんだった患者さんですが ガンが見つかった時には 既に肺に転移していた方です。

この方のガンは乳がんなのですが 皮膚の上までガンがザクロのように出てきてしまう恐ろしいガンでした。

従来のガン治療をされていたのですが どこからか崇高クリニックのことを聞かれて 断糖をしてみたいということで
こちらへ来られました。

ドクター荒木裕のもと
「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食プラスできる限り体をアルカリ性に保つという治療法を行いました。

この患者さんのガンは 触ったらその大きさが分かるのですが
治療を行うごとにどんどん小さくなっていくのが分かりました。

すごく喜ばれて 少し長めに入院されていました。

消化器系のガンではなかったので 食事も問題なく食べられました。

話によるとガンは末期も末期で 私たちにとって手がかかるような患者さんではなかったのですが
やはりご自宅へ帰られて断糖食をされていましたが
1年半ほど延命されて亡くなったとのことです。

こんな一例ですが ガンの大きさがみるみる小さくなっていくのがはっきりと診られ
ドクター荒木も非常に成果が上がっていると感じられた症例でした。

「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食で延命して頂くことができたと思える一例です。

そう簡単に行くのかなあ。

60代の男性の方で大腸がんだったのですが 見つかった時には肝臓にも転移していたそうです。

食べることも歩くことも困らない方で やはり「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食の効果は大きいのかなあと思える方でした。

帰られる時に腫瘍マーカーを測ったところ 正常値の範囲内になっていて とても喜ばれていました。

入院される前から ご友人から「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食の話を聞いて 既にかなり「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食を実践されている状態でした。

抗がん剤で治療されていたのですが 崇高クリニックに入院されていたご友人の糖尿病患者さんに
こちらの崇高クリニックの話を聞いて来院されました。

しっかり「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食を実践され
地元へ帰ってもしばらくの間は食材の相談などを受けていました。

その為か来られた時は ガンとは思えないようなしっかりとした状態の方でした。

なんて、本当かなぁ?

ちょっと怪しい気もするよね。

試してみる価値はあるのかな。

→詳細はこちら